歴代理事長?法人の沿革

歴代理事長

小此木 信六郎  大正7年4月~大正15年1月 (財団法人日本醫學専門學校)
 大正15年2月~昭和3年1月 (財団法人日本醫科大學)
塩田 廣重

 昭和3年1月~昭和26年2月 (財団法人日本醫科大學)
 昭和26年3月~昭和30年11月(學校法人日本醫科大學)

河野 勝齋  昭和30年11月~昭和37年9月
石川 正臣  昭和37年10月~昭和46年9月
高橋   末雄  昭和46年9月~昭和60年5月
永井    氾  昭和60年5月~平成2年4月
宮川 忠夫  平成2年5月~平成3年11月
大塚 敏文  平成3年12月~平成13年12月
赫      彰郎  平成13年12月~平成29年1月
坂本 篤裕  平成29年1月~現在


法人の沿革

明治9年(1876)4月
長谷川泰により、東京?本郷に西洋醫學による醫師養成學校「済生學舎」設立。日本醫科大學の前身である。
明治14年(1881)9月
東京?小石川(護國寺境內)に日本最初の「私立獣醫學校」設立。日本獣醫生命科學大學の源流である。
明治25年(1892)11月
私立獣醫學校を東京?牛込市ヶ谷に移転し、特別認可「私立東京獣醫學校」と改稱。
明治37年(1904)4月
済生學舎廃校(明治36年8月)に伴い、「私立日本醫學校」及び「私立東京醫學校(後に「私立日本醫學校」に吸収合併)が設立され、多數の舊済生學舎の學生を引き継いだ。(日本醫科大學の創立記念日4月15日は、この「私立日本醫學校」の創立日)
明治43年(1910)1月
文京區千駄木に私立日本醫學校付屬駒込醫院開設(現、日本醫科大學付屬病院)。
明治44年(1911)3月
東京?目黒に私立東京獣醫學校の校舎を新築移転し、「私立日本獣醫學校」に改稱。
明治45年(1912)7月
私立日本醫學校を「財団法人私立日本醫學専門學校」とする。
大正4年(1915)4月
日本醫學専門學校付屬駒込醫院を「日本醫學専門學校付屬醫院」に改稱。
大正8年(1919) 8月
財団法人私立日本醫學専門學校を「財団法人日本醫學専門學校」に改稱。
大正10年(1921)1月
日本醫學専門學校付屬醫院看護婦講習科設置。
大正13年(1924)7月
日本醫學専門學校付屬飯田町醫院開設(平成9年10月閉院の日本醫科大學付屬第一病院)。
大正15年(1926)2月
大學令により「財団法人日本醫科大學」に昇格、予科を併設。
大正15年(1926)3月
日本醫學専門學校付屬醫院を「日本醫科大學付屬第二醫院」に改稱。
昭和12年(1937)3月
「私立日本獣醫學校」を現在の敷地(東京?武蔵境)に移転。
昭和12年(1937)6月
日本醫科大學付屬丸子病院開設(現、武蔵小杉病院)。
昭和13年(1938)4月
専門學校令により私立日本獣醫學校が「財団法人日本高等獣醫學校」に昇格。
昭和15年(1940)7月
日本醫科大學付屬丸子病院を「日本醫科大學付屬第三醫院」に改稱。
昭和19年(1944)3月
戦時、日本醫科大學に付屬醫學専門部併設(昭和25年閉校)。
昭和19年(1944)4月
財団法人日本高等獣醫學校から「日本獣醫畜産専門學校」と改稱。
昭和24年(1949)2月
「財団法人日本獣醫畜産大學」の設立許可。
昭和26年(1951)3月
學制改革により財団法人日本醫科大學が「學校法人日本醫科大學」となる。
昭和26年(1951)3月
財団法人日本獣醫畜産大學が「學校法人日本獣醫畜産大學」となる。
昭和27年(1952)2月
學校法人日本醫科大學と學校法人日本獣醫畜産大學が合併。
昭和27年(1952)4月
學校法人日本醫科大學による新制日本醫科大學の設置。
昭和29年(1954)12月
日本醫科大學付屬第二醫院を「日本醫科大學付屬醫院」に、付屬第三醫院を「日本醫科大學付屬第二醫院」に改稱。
昭和35年(1960)4月
日本醫科大學大學院醫學研究科設置。
昭和37年(1962)3月
日本獣醫畜産大學大學院獣醫學研究科設置。
昭和38年(1963)4月
日本醫科大學付屬醫院を「日本醫科大學付屬病院」に、付屬第二醫院を「日本醫科大學付屬第二病院」に改稱。
昭和39年(1964)4月
日本醫科大學付屬高等看護學院設置(平成11年3月閉校の東京?上野桜木の日本醫科大學看護専門學校)。
昭和41年(1966)5月
日本衛生技術専門學院開校(平成17年3月閉校の日本醫學技術専門學校)。
昭和43年(1968)4月
社団法人老人病研究會付屬老人病研究所を學校法人日本醫科大學に移管。日本醫科大學老人病研究所発足。
昭和47年(1972)4月
日本醫科大學ワクチン療法研究施設設置。
日本醫科大學付屬第二高等看護學院設置(平成12年3月閉校の日本醫科大學丸子看護専門學校)。
昭和52年(1977)1月
日本醫科大學付屬病院救命救急センター発足(厚生省承認第一號)。
昭和52年(1977)7月
日本醫科大學付屬多摩永山病院開設。
昭和61年(1986)7月
國際交流センター開設。
平成4年(1992) 10月
日本獣醫畜産大學「富士アニマルファーム」開設。
平成4年(1992) 2月
日本醫科大學新東京國際空港クリニック開設(現、日本醫科大學成田國際空港クリニック)。
平成5年(1993)4月
日本醫科大學千葉看護専門學校設置。
平成5年(1993)7月
日本獣醫畜産大學「富士セミナーハウス」開設。
平成6年(1994)1月
日本醫科大學付屬千葉北総病院開設。
平成9年(1997)2月
日本醫科大學腎クリニック開設。
平成9年(1997)10月
日本醫科大學付屬第一病院閉院。
平成11年(1999)3月
東京?上野桜木の日本醫科大學看護専門學校閉校。
平成12年(2000)3月
日本醫科大學丸子看護専門學校閉校。
平成13年(2001)12月
知的財産?ベンチャー育成(TLO)センター設立(現、知的財産推進センター)。
平成14年(2002)4月
日本獣醫畜産大學「牧心セミナーハウス」開設。
平成15年(2003)6月
日本獣醫畜産大學「付屬動物醫療センター」竣工。
平成15年(2003)11月
日本醫科大學呼吸ケアクリニック開設(診療開始:12月1日)。
平成16年(2004)4月
日本醫科大學新東京國際空港クリニックを「日本醫科大學成田國際空港クリニック」に改稱。
平成17年(2005)3月
日本醫學技術専門學校閉校。
平成17年(2005)4月
日本醫科大學千葉看護専門學校を「日本醫科大學看護専門學校」に改稱。
平成18年(2006)2月
日本醫科大學健診醫療センター開設。
平成18年(2006)4月
日本獣醫畜産大學を「日本獣醫生命科學大學」に改稱。
日本醫科大學付屬第二病院を「日本醫科大學武蔵小杉病院」、付屬多摩永山病院を「日本醫科大學多摩永山病院」、付屬千葉北総病院を「日本醫科大學千葉北総病院」に改稱。
平成18年(2006)12月
日本獣醫生命科學大學新教育施設(A棟?B棟)竣工。
平成19年(2007)11月
日本醫科大學大學院(基礎醫學大學院棟)竣工。
平成19年(2007)12月
日本醫科大學醫學部(教育棟)竣工。
平成22年(2010)2月
知的財産?ベンチャー育成(TLO)センターを「知的財産推進センター」に改稱。
平成26年(2014)3月
日本醫科大學新丸子校舎を閉舎し、武蔵境校舎へ移設。
日本獣醫生命科學大學第一校舎にE棟竣工(日本醫科大學?日本獣醫生命科學大學で共用開始)。
平成26年(2014)4月
ICT推進センターを設立。
日本醫科大學付屬病院の新病院前期工事竣工。
平成27年(2015)4月
日本醫科大學老人病研究所を「日本醫科大學先端醫學研究所」に改稱。
平成28年(2016)1月
研究統括センターを設立。
平成29年(2017)8月
日本醫科大學付屬病院の新病院後期工事竣工。
平成31年(2019)4月
しあわせキャリア支援センターを設立。
草蜢社区在线观看免费下载