遺贈による寄付について

遺贈による寄付について

?遺贈による寄付とは
遺言により、ご自身の財産の一部または全部を特定の人や団體に無償で贈與することを遺贈と言います。
「遺贈による寄付」で、財産の一部または全部の受取人として日本醫科大學をご指定いただくことができます。近年、相続を検討される方は、慣習にとらわれない自由な(法定相続人以外への)相続を求める傾向が強まっています。本學も、このような社會貢獻をしたいとお考えの遺贈者の篤志を広く受け入れ、教育研究活動の充実をはかるため、「遺贈による寄付」を承っております。
趣旨をご理解いただき、これからの世界を擔う教育研究活動のためにご検討いただければ幸甚に存じます。

遺贈によるご寄付の流れ

〇日本醫科大學へ事前のご相談
ご相談いただいた方でご希望があれば、信託銀行の窓口をご紹介いたします。

日本醫科大學 財務部募金課
TEL 03-5814-6893

※信託銀行に直接お問い合わせいただいても結構です。その際は日本醫科大學への遺贈を検討している旨お伝えください。

〇信託銀行にご相談
寄付(遺贈)を含む遺言書作成に関するご相談をお受けします。
信託銀行の財産コンサルタント等専門スタッフがご相談をお受けします(相談料無料)。遺言書の保管と遺言執行については、信託銀行所定の手數料?報酬が必要となります。
※ご相談內容に関する秘密は守られます。

〇遺言書作成
信託銀行の遺言信託業務を利用して遺言書を作成します。

〇遺言書の保管と管理
信託銀行が遺言書の保管と管理を行います。
遺言書の保管中は、信託銀行が遺言內容?財産?相続人?受遺者等の変動について定期的に遺言者ご本人に照會します。

〇遺言執行
信託銀行が相続人からご逝去の通知を受け次第、遺言の內容を執行します。
遺産の調査?収集?財産目録作成、遺産の管理、遺産の名義書換?処分、相続人?受遺者等への財産配分等、遺言執行內容が信託銀行から相続人等に報告されます。
bequest1


〇相続稅の優遇措置
日本醫科大學へ遺贈によりご寄付いただいた財産については、原則として相続稅は非課稅扱いとなります。
また、相続人が相続稅の申告期限內に日本醫科大學へご寄付いただいた財産についても、原則として非課稅扱いとなります。

草蜢社区在线观看免费下载